しわやたるみは加齢だけが原因ではない

若いうちはしわやたるみとは無縁であり、年をとって老化した肌だけにできるものというイメージを抱く人がいます。しわやたるみが出来てしまって後悔しないためにも、毎日のスキンケアを欠かさないようにしましょう。肌に合わない化粧品を使っていたり、紫外線を皮膚に浴びる時間が長かったり、ストレスの多い生活をしていると、皮膚は荒れやすくなります。年齢を重ねることは誰にでも平等ですが、それ以外の肌へのお手入れは、しっかりやっておいたかどうかが重要になります。できてしまったたるみやしわについては、成り立ちや、原因を突き止めて、適切な対処ができるかどうが大事です。お肌の水分不足が原因で、皮膚のハリがなくなって自重でしわができるようになったり、表情の癖が眉間や目元のしわになったり、皮膚の薄い部分にちりめんじわができたりします。表情じわは、自分の表情がどこにしわをつくりやすいかを把握することで対策ができますし、小じわは保湿ケアで対処可能です。肌の弾力を保つコラーゲンやエラスチン、保湿成分のヒアルロン酸は年齢と共に減少するだけでなく、紫外線やストレスによっても破壊されます。表情筋を刺激するトレーニングを行うことで、筋肉で皮膚を支える力を強化し、たるみやしわのない状態になります。角質層は、一旦老化すると再生が困難です。若いうちは十分にあった水分も、年と共に減少するようになると、自重でへと引かれてたるみやすくなります。角質層のハリや弾力は、肌の乾燥によって失われます。ストレスや、紫外線の影響、不健康な生活が肌の乾燥を悪化させます。お肌のしわや、たるみをできるだけつくらないためには、紫外線から肌を守ることや、規則正しい生活を送ることが重要です。

しわやたるみを予防するには正しい洗顔を

日頃から、スキンケアを丁寧に施すことで、しわやたるみのないお肌でいられます。たるみや、しわの目立たないお肌になるためには、お肌にいいものを積極的にメニューに組み入れたり、お肌のマッサージをすることです。

季節によって紫外線の強さは変わりますが、年間を通して常に紫外線対策をするべきだと言われています。

かつては、適度な日焼けは健康にもいいと言われていましたが、最近では紫外線は肌にとってよくないものです。

紫外線を浴びると、皮膚の老化が進んで、しわやしみを増やすので、いいことではないと考えられています。

肌の乾燥やしみ、くすみ、たるみなどのトラブルは、紫外線による肌の光老化が関係しています。

得に目元の皮膚は薄いことから紫外線のダメージを受けやすいのでアイキララ(アイショットクリーム)などで保湿で予防するのが効果的です。

スキンケアによって、お肌からなくなっていく水分を補給してあげることで、紫外線の肌への影響を軽減することが可能です。クレンジング剤を使って顔を洗う時には、汚れが浮き上がってくるように、皮膚の上にそっとクレンジングの泡を乗せます。

クレンジング後の洗顔も、しっかり立てた泡を顔に乗せて擦らないように、泡を滑らせるように顔を撫でながら洗います。すすぐ時にはぬるま湯を使うことも大事なことです。熱い湯を使うと、皮膚に留めておくべき油分まで湯に溶け出してしまうからです。

洗顔後のスキンケアは、皮膚が乾く前に手早く行います。化粧水を十分に皮膚に含ませてから、乳液をつけます。保湿を十分に行うことで、紫外線を浴びた肌の乾燥を阻止し、しわやたるみのないハリのある肌をキープすることができるようになります。