しわやたるみは加齢だけが原因ではない

若いうちはしわやたるみとは無縁であり、年をとって老化した肌だけにできるものというイメージを抱く人がいます。しわやたるみが出来てしまって後悔しないためにも、毎日のスキンケアを欠かさないようにしましょう。肌に合わない化粧品を使っていたり、紫外線を皮膚に浴びる時間が長かったり、ストレスの多い生活をしていると、皮膚は荒れやすくなります。年齢を重ねることは誰にでも平等ですが、それ以外の肌へのお手入れは、しっかりやっておいたかどうかが重要になります。できてしまったたるみやしわについては、成り立ちや、原因を突き止めて、適切な対処ができるかどうが大事です。お肌の水分不足が原因で、皮膚のハリがなくなって自重でしわができるようになったり、表情の癖が眉間や目元のしわになったり、皮膚の薄い部分にちりめんじわができたりします。表情じわは、自分の表情がどこにしわをつくりやすいかを把握することで対策ができますし、小じわは保湿ケアで対処可能です。肌の弾力を保つコラーゲンやエラスチン、保湿成分のヒアルロン酸は年齢と共に減少するだけでなく、紫外線やストレスによっても破壊されます。表情筋を刺激するトレーニングを行うことで、筋肉で皮膚を支える力を強化し、たるみやしわのない状態になります。角質層は、一旦老化すると再生が困難です。若いうちは十分にあった水分も、年と共に減少するようになると、自重でへと引かれてたるみやすくなります。角質層のハリや弾力は、肌の乾燥によって失われます。ストレスや、紫外線の影響、不健康な生活が肌の乾燥を悪化させます。お肌のしわや、たるみをできるだけつくらないためには、紫外線から肌を守ることや、規則正しい生活を送ることが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA